浴槽に湯を張ると、汚いカスだらけ・・・よろしい、ならば清掃だ。※追記あり

公開日: : 最終更新日:2015/08/26 TAG:, , , , ,

pipe_unish

まずは排水溝のヌメリ様から退治だッ!

 

我が家の風呂が大変なことになっている。

特に原因に心当たりはないけれど、少し前から急に浴槽にゴミらしきものが多数出るようになった。また、表面には油膜のようなものも浮かんでいる。おおよそ息子がシャンプーか何かを浴槽に突っ込んだものと思われるけれど、これじゃ気持ち悪くてゆっくりお湯に浸かることができない。

というわけで、お掃除だ。

 

お風呂にかんすることは僕の仕事

我が家では、清掃系家事の多くは僕の仕事だ。中でも、衣類の洗濯および浴室関連の清掃は全て僕の管轄だ。よって、このような場合は僕が何らかの対策をするしかない。掃除は嫌いなんだけれども、あまりに汚いと自宅にいるのにストレスたまるからね・・・

実は前日、手洗いにて手の届くところは一応全て念入りに掃除した。だけど、今日あらためてお湯を張ってみたら、少しはマシになったけれど、まーだ汚いものが結構混ざっている。

 

ということで、寝る時間を削って戦闘開始だ。

まずは、ジャバとかそういうもので管を洗浄する。ついで、冒頭の画像にあるようにパイプユニッシュなどのもので排水溝も洗浄する。これは、手順からして結構面倒で時間がかかるんだけども、やらなければしょうがない。本当は休みの日にじっくりやりたいものだけども、生憎しばらく休めそうにない。ということで、思い立ったその時にやるべし、なのだ。

まずはジャバ的なもので配管洗浄。一度追い炊きなどをしてお湯を循環させなければならない。そして一度お湯を抜き、再度お湯を張る手順だ。その間、一旦浴槽をカラにした際にパイプユニッシュ的なもので排水溝の掃除を挟む。これが、30分ほど待たなければならないので結構時間がかかる。仕方ないから、その間浴室清掃でもして時間を潰そうか。

まあ、それでも時間が余ったのでこうしてダラダラブログを書いて遊んでいる状態なわけでw ともあれ、僕は湯に浸かりたいだけなんだ。これである程度ゴミが除去できれば嬉しいな。

 

※追記

なお結果。

おかげさまで、浴槽から水またはお湯を抜いたときに爽快に流れるようになった。やはり、たまにはこうしてヌメリ取りをしておかなくてはならないということだろうね。排水溝に順調に流れていくのを見ているだけで爽快な気分だ。今回使用した「パイプユニッシュPRO」は、薬剤を流して待ち、その後水で流すだけでこの効果。なので非常にお買い得だったと思う。ああ、ちなみに金額は1本363円だった。近所のドラッグストアで購入。400円弱でこうなるなら、安いものだろう。

関連記事

エコキュートの止水栓

  久しぶりに断水状態になった。まあ断水といっても、今回は近所一帯の水道管清

記事を読む

月末&週末にお出掛けしようと思うと大変だッ!

  タイトルの通り、月末と週末とが同時にやってくる場合にお出掛けするとなると

記事を読む

剪定日和。

  我が家の庭には二羽鶏がいる紅葉が植えてある。いつだったか、他人からいただ

記事を読む

家計の管理は僕の仕事

  我が家において、家計の管理は僕の作業だ。 毎月末は、その月の出費を集計

記事を読む

自分が航空機好きなんじゃないかと感じたあと、趣味が増えた件。

  僕は長いこと、これといって航空機に興味を抱くことはなかった。 思え

記事を読む

久々に献血をした

  思えば献血なんて、いつぶりだろう。とにかく、とっても久しぶりなのは確かだ

記事を読む

「びっくり 恐竜のたまご」を試してみた。

「びっくり 恐竜のたまご」パッケージ   たまごを水に漬けておくだけで、72時間後

記事を読む

iPhone4S、三代目。

  iPhoneを巡るボヤキが増えている今日この頃。 Wi-Fiが死亡

記事を読む

約5年ぶりにケータイ機種変更をした。

  画像は、在りし日のiPhone4S。2011年末以来、3代に亘って愛用し

記事を読む

脇汗シミ カビキラーで落とす荒技。

  我が家において、衣類の洗濯は僕の仕事領域だ。いや、衣類だけでなく全般的に

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お台場 パレットタウン 観覧車からの夜景。

  先日、生まれて初めてお台場「パレットタウン

漢白桔梗、生まれて初めてマッサージ店に行く。

  僕は生まれてこのかた、マッサージをサービス

男白桔梗、今更LINEを始める破目に。

  僕はこれまで、頑なにアプリ「LINE」を使

酒と泪と男と女

  今の心境はタイトルのとおり。言わずもがな、

一生に一度くらいは、本気を出してみたいものだ。

  別にお寒いことを言うわけじゃあないけれど、

PAGE TOP ↑