僕は職場の”おくりびと”

公開日: : TAG:, , ,

a0002_002278

 

僕は長いこと、同じ職場で働いている。無駄に、ダラダラと。
そうしていると、辞めていく人間を見送る機会も少なからずある。
今年も、また僕は見送る側の人間になりそうだ。

 

誰であれ、職場から人が去るのは寂しいものだ

僕の働く職場はこのごろ、色々すったもんだがあって(もちろん詳しく書けないけどさ)退職を決意する人間がチラホラいるらしい。そして、そのうちの一人から実際に話をされた。まあ、しょうがない。

僕のやっている職業は、ぶっちゃけ若いころ(20代)の数年やるような内容だ。あまり高齢になってまでやるものではない。僕のように無駄に残っているアラフォー世代もいるが、それは少数。多くはその前に出世するか転職するかしているので自然とそうなる。

ということで、僕の周囲ではおおよそ30歳前後までに辞めていく人間が多い。余所の事業所でもそれはあまり変わらないらしく、この仕事で最も働き盛りがいなくなってしまうので欠員状態に陥りやすい。まあ待遇も決して良くないし、何よりTOP周辺が何をどうしたいのかさっぱりわからないので、会社の行く末に疑問を抱くのも無理はない。

今、僕のいる職場は規模でいえば「超弩級戦艦」になろうとしている。小型水雷艇レベルのものを寄せ集めにして、一隻の超弩級戦艦として戦うような方向で進んでいるらしい。こう言えばカッコいいけれど、間違いなく機動力は鈍くなるし何より方向性が今ひとつよくわからないので、おそらくそう遠くない将来再び分社化することになると僕は推測するけれど。

僕はその甲板の端っこにいる。いつでも脱出して海に飛び込めるようにはしているけれど、何となくタイミングを逃してダラダラ雑用をしているようなイメージだ。しがみついている人も多いけれど、僕も彼らと大差ない。

けれど、比較的若い人たちは違う。まだ、色んな可能性がある。なので、出ていくのは仕方ない。むしろ、早い方がいいのかもしれない。ある程度のところで見切りをつけることも必要だと僕は思う。まあ僕は紆余曲折があって、万年アラフォー底辺平社員に落ち着いてしまっているわけだけども。若い彼らに相談されたら、見切りがついているなら早く辞めた方がいいと勧めるくらいだ。

毎年、一人ふたりと辞めていく。気が合う合わない、接点があるないの差はあるけれど、同じ事業所で働く人間が去っていくのは、押しなべて寂しいものだ。僕は見送ってばかりだ。これでは”おくりびと”である。

 

見送ることには慣れているけれど

僕は僕で職場では底辺層の人間だけれども、それなりにまだ自我を通して自由にできている方だとは思う。余所は知らないけれど、日本では一度降りたらもう上がり目はない。僕は理由あって一度退職しているから、その辺は諦めている。その代わり、もっと大事なことがいくらでもある。とはいえ、もうアラフォー年代だし、どこか新規チャレンジを諦めつつあるのかもしれない。そんなんじゃダメだ!

僕もできれば引退したいのだけれど、なかなか周囲の状況が許さない。僕に充分な資産でもあれば話は別だけれども、そういったものは生憎持ち合わせていない。なので、まだまだ引退できそうにない。当分見送る側のままになりそうだ。

見送ることには慣れているけれど、半分は後ろ向きの理由(低賃金、多残業など)で去っていく人間を見るのはちょっぴり辛い。こいつら、仕事はしっかりやっているのにどうしてそんな残念な辞め方をしなくてはならないのだろうと思うと、何だか悔しいような感情が湧いてくる。まあ、お世辞にも真剣に事業に取り組んでいるとは言い難い会社ではあるので、仕方ない部分はあるのかもしれないけれど。

さあ、今年は何人減っていくのだろう。そういえばもう2年ほど、人員が補充されてこないな・・・

 

 

関連記事

年末調整書類が外部委託になったのだが

  今年も年末調整書類を作成する季節がやってきた。これはサラリーマンである特

記事を読む

提督になった副作用

1/700 海上自衛隊DE261「わかば」   航空機ブログで白状しているけれ

記事を読む

気がつけば、12月後半・・・

  なんと、気がつけば1ヶ月ほどブログを更新していなかった。 前回が「

記事を読む

やっぱり睡眠第一!

  「寝る子は育つ」と言うけれども、個人的に睡眠はとても大事だと思う。

記事を読む

どうして我が住まい周辺ではハロウィンを軽視するのか

  我が家では、毎年ハロウィン前後に東京ディズニーリゾートへ出かける風習があ

記事を読む

だから、お掃除は嫌い、なのです。

  自分でも嫌と言うほど理解しているが、僕は掃除が嫌いである。しかし、汚い散

記事を読む

近年、胃が痛むことが密かに増えている件

  忘れた頃に・・・という頻度だけれども、近年胃がキリキリと痛むことがある。

記事を読む

自動車の法定1年点検2016/ヘッドライトカバー磨きに失望

  1月は、僕の乗るACR30の車検月なんだ。車検は去年やったから、今年20

記事を読む

我が家には、モノが溢れかえっている。

  家族がいれば、それだけモノが増えるというわけで。 我が家には、無駄

記事を読む

最近ガチでパソコンをローン組んで買おうか悩んでいるッ!

僕はお世辞にも、収入が高いとは言いがたい。そのため、何か大きな買い物をするときは非常に悩みそ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

行きつけのお店が潰れてた悲しさ。

  先日、しばらくぶりに行き付けにしかかってい

6月11日。この日はたぶん、何か因縁がありそうだ。

  6月11日という日は、僕には何の関係もない

何だか今年は「防戦一方」な気がする・・・

  相変わらず、日常のやることに追われている日

日がなプラモ作りと史跡巡りをしたいだけの人生だった。

  自分の作るもの・やること(プライベート面で

何だか疲れやすいしだるいと思ったら

  悪い予感がして(こういうのに限って当たるん

PAGE TOP ↑