人生の終幕には南洋で散骨を

公開日: : TAG:, , , , ,

sora

 

死んだら海に散骨を…というのは、ずっと前から思っていた。けど、どこかで(ソース不明)確か、海に散骨するのは禁止されているというようなことを聞いたこともあって、それは今まで何となくうっすらとした願望程度の存在だった。

しかしどうやら、国内外問わず散骨プロデュース会社などの存在を見るに、海に散骨できることはできるのだろう。ある日何の気なしにその手のワードで検索してみたら、結構たくさんそのような会社が現れた。いくつか覗いてみたけれど、しっかりしてそうなところから胡散臭さ満点のモノまで様々な会社組織があった。お骨を粉々にするところから、船舶のチャーターまで請け負う形式のものが主流なのかな。

中でも目を引いたのは、中部太平洋方面への散骨プロデュースだろう。日本人からすれば、この海域に沈んだ同胞は世界のどの人種よりも多いわけで、その遺族なり所縁の人なり、他の国の人とは違った感情を抱く人も少なからずいるんじゃないかと思っている。なので、この海域(といっても太平洋は広いけど)で散骨を願う、僕のような人間はもっといておかしくない。

僕個人としては、マリアナ~パラオの海域に沈めて欲しいと願っている。普段から嫁など家族には、もし万が一の事態が起きてしまったらという話において「サイパンかどこかに旅行して、ツアー中にでも後ろ手から海中に’ポイ’しておいてネ☆」と不届きなことを頼んでいるくらいだ。近年、グアムおよびサイパンという、マリアナ地域の観光地に出かける機会を得た。その時感じた異様な懐かしさに、僕は個人的に人生の終幕はその辺で…と願っている。

僕はまだアラフォー年代なので、順調に生きていればお亡くなりになるのはまだまだ先だ(予定)。しかし、いつ何時不慮の事態に陥るかわからない。主に高齢者向けに「終活」という言葉があるけれど、今の内から意識して準備しておくのもいいのかもしれない。今はまだ、お金関連(保険金とか年金の手配など)についてしか考えていないからね。

しかし、僕は高温多湿が苦手なのに、どうして湿気ムンムンのマリアナが好きなんだろうね。自分でも不思議な感じだよまったく。

関連記事

何気にマルチタスクしてるじゃあないか。

  僕は自分で思うに、器用な人間ではない。手先も、生き方も。 というわ

記事を読む

忙しいとメモ魔になってくる。

  個人的に、日々日常業務に追われている。おかげで満足にプラモデル作りもでき

記事を読む

人間ドックの結果 未だかつてない恐怖に包まれる

  先日、7回目の人間ドックに行ってきた。 ☆参考:人間ドックへ行って

記事を読む

大人にもバカンス的な夏休みが欲しい

  それにしても、我らが西武ライオンズはいったいどうしちゃったんだ。弱い、弱

記事を読む

珍しく早起きする気になった件

  僕と睡眠については、年々付き合いが悪くなっていると感じている。というのも

記事を読む

やっぱり晩年は南洋に

以前にも書いたけど、やっぱり人生の終わり頃には南洋にいたいと思う。て、自分じゃ人生の終末点な

記事を読む

夜のお台場を歩いていて感じたこと

  先日、ものすごく久しぶりに夜のお台場を歩いた。 ☆参考:秋の夜 お

記事を読む

WordPressを手動アップグレードする方法を忘れたので

  先日もボヤいていたように、我がWordPressの自動更新が上手くいかな

記事を読む

今更ハマるものがちょいちょい出てくる件。

  思えば、大人になってから趣味は減る一方だった気がする。まあ、労働だの結婚

記事を読む

関東地方 とっくに梅雨明けしていたのでは

僕の住む関東地方は、19日に梅雨明けを発表したらしい。 けど、もう先週には梅雨が明けて

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お台場 パレットタウン 観覧車からの夜景。

  先日、生まれて初めてお台場「パレットタウン

漢白桔梗、生まれて初めてマッサージ店に行く。

  僕は生まれてこのかた、マッサージをサービス

男白桔梗、今更LINEを始める破目に。

  僕はこれまで、頑なにアプリ「LINE」を使

酒と泪と男と女

  今の心境はタイトルのとおり。言わずもがな、

一生に一度くらいは、本気を出してみたいものだ。

  別にお寒いことを言うわけじゃあないけれど、

PAGE TOP ↑