10年の時を経て、「開かずの間」を片付ける。

公開日: : TAG:, , , , ,

a0005_000480

 

僕は年末の風物詩のひとつ「大掃除」が大嫌いだ。

どうして、年末のクソ忙しい時にわざわざ家の中をひっくり返して掃除しなくてはならないのか。お浄めしたければ、定期的に全体をキレイに保っておけばいい話なのではないか。そもそも日本人は、溜めて一気に片すのが好きなんじゃないかと思う。連休の前日にはやたら業務車輛で混むし。何だか、夏休みの宿題を最終日に片付けるみたいで僕は嫌だね。大掃除は、それをイベントとして楽しめる人だけがやればいいと思っている。

ということで、我が家は所謂「年末の大掃除」はしない。嫁が多少やる程度だけれども、近年嫁はコンディションがよろしくないのでその機会もない。なので、ほぼほぼやっていないも同然だ。

とは言え、お掃除しないと後々大変なことになるのは承知している。なので僕は、気が向いたときに場所を決めて片付けることにしている。

僕が掃除に本格的に参入したのは最近の話。嫁が体調不良で動けないことが多くなってからだ。元々掃除が嫌いなので、逃げていたw しかし、やれるのが僕しかいないとなれば話は別だ。嫌々ながら、渋々やるようになっていった。

場所を決めてガッツリ掃除するんだけども、その後は軽いメンテナンス(拭いたり掃いたり)で済むようにしておく。おかげで、水回りは大変管理が楽になった…と手前味噌。そうすれば、上で書いたようにいちいち年末にバタバタする必要がないじゃないか。

 

と、前置きが長くなったけれども。 その一環で、今日は物置および自宅建物周辺を片付けたのさ。

僕はここに住まうこと10年。件の領域は見て見ぬフリをしていた。なので、草はボーボー、不用品があちこちに散乱している。いつかはやらねば…と思っていたが、「涼しくなったらやる」「暖かくなったらやる」「来年本気出す」などと言って逃げ回っていた。

しかし今回、一念発起してついに手をつけることにした。ちょうど近日中に、近隣のゴミ処理場に行こうと思っている。粗大ごみ等持っていけるものは全てそこで出してしまいたい。そんな事情もあった。

なお物置は、その見て見ぬフリの最たるモノ。「開かずの間」と化していた。しかし今回、それも片付けた。いや。ゴミばかりよくもこんなに溜め込んだものだと呆れる。中には、昔クルマをいじっていたときの配線一式や恥ずかしいグッズなんかもあったので、反省する次第…

とりあえず、この「開かずの間」を10年越しに片付けた。ゴミ袋5つ・自転車・一輪車・破損したゴミ箱などなど結構な量のゴミが出た。これらは上で書いたように、まとめてゴミ処理場に持ち込もうと思う。結構あそこへ行くの、好きなんだ。すぐに用は済むし。

それにしても、約1時間半格闘したら疲れた。ようやく成し遂げたので、少し休もうじゃないか。

 

関連記事

我が家には、モノが溢れかえっている。

  家族がいれば、それだけモノが増えるというわけで。 我が家には、無駄

記事を読む

ようやくベランダを掃除した。

  さあて、我が家には掃除しなければならない場所が多々ある。僕が掃除嫌いなう

記事を読む

WordPressが更新できなかった結果

  僕は個人的に、よくネット通販やネットオークションを利用する。 日常

記事を読む

トイレの神様、降臨。

  僕は掃除が好きではない。けれど、結構掃除をする。 理由は簡単。僕以外の

記事を読む

家計の管理は僕の仕事

  我が家において、家計の管理は僕の作業だ。 毎月末は、その月の出費を集計

記事を読む

脇汗シミ カビキラーで落とす荒技。

  我が家において、衣類の洗濯は僕の仕事領域だ。いや、衣類だけでなく全般的に

記事を読む

ダイハツ タントカスタムDBA-LA600Sの燃費

  我が家では今年、クルマを買い替えた。 以下の記事にあるように、嫁が

記事を読む

自分が航空機好きなんじゃないかと感じたあと、趣味が増えた件。

  僕は長いこと、これといって航空機に興味を抱くことはなかった。 思え

記事を読む

僕は花粉症ではないけれど

  春先は、花粉症の人にとっては非常に辛い季節らしい。 生憎僕は、花粉

記事を読む

エコキュートの止水栓

  久しぶりに断水状態になった。まあ断水といっても、今回は近所一帯の水道管清

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お台場 パレットタウン 観覧車からの夜景。

  先日、生まれて初めてお台場「パレットタウン

漢白桔梗、生まれて初めてマッサージ店に行く。

  僕は生まれてこのかた、マッサージをサービス

男白桔梗、今更LINEを始める破目に。

  僕はこれまで、頑なにアプリ「LINE」を使

酒と泪と男と女

  今の心境はタイトルのとおり。言わずもがな、

一生に一度くらいは、本気を出してみたいものだ。

  別にお寒いことを言うわけじゃあないけれど、

PAGE TOP ↑