やたらと赤ちゃんと過ごす夢を見た。

公開日: : TAG:, , ,

そういえば一時期、「夢日記」なるものをつけていたことがあったなあ。

基本的に僕は、夢というのはその人間の記憶の整理だと思っている。その人間の脳内に散らかるあらゆる要素が、整理されると共にランダムに融合して、普段見たこともないものを生み出したりして夢に発現させているのかなあ?と。

で、夕べはタイトルのとおり。どうやら僕にとっての「次女」らしく、お姉ちゃんの赤ちゃん時代ソックリのお子だったなあ。それと事あるごとに一緒に行動していたのを覚えている。

これはたぶん、昼間に何度か赤ちゃんを見かけてほほえましく思ったのが原因だと思われる。時々「俺、子ども嫌いなんだよ(ドヤッ)」と嘯く独身男性特にオッサンがいるけれど、実際に赤ちゃんと触れ合ったことがないんだろうな。

ともあれ、妙な気分のした夢だったよ。

 

 

関連記事

6月11日。この日はたぶん、何か因縁がありそうだ。

  6月11日という日は、僕には何の関係もない。別に近しい誰かの誕生日や命日

記事を読む

全て”前世”のせい

サイパン国際空港の空(2014年)   僕はたまに、おかしな現象に陥ることがあ

記事を読む

米国永住権が抽選で?

  え何?米国永住権(グリーンカード)って抽選でも取得できるの?? 移

記事を読む

南洋に移住か長期滞在か

  僕は日本が好きと言える。なんだけども、それとは別にタイトルのようなことを

記事を読む

海洋散骨に強く惹かれる。

  以前から僕は、死んだらお骨を海にばら撒いてくれと公言している。それだけに

記事を読む

人生の終幕には南洋で散骨を

  死んだら海に散骨を…というのは、ずっと前から思っていた。けど、どこかで(

記事を読む

やっぱり晩年は南洋に

以前にも書いたけど、やっぱり人生の終わり頃には南洋にいたいと思う。て、自分じゃ人生の終末点な

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

行きつけのお店が潰れてた悲しさ。

  先日、しばらくぶりに行き付けにしかかってい

6月11日。この日はたぶん、何か因縁がありそうだ。

  6月11日という日は、僕には何の関係もない

何だか今年は「防戦一方」な気がする・・・

  相変わらず、日常のやることに追われている日

日がなプラモ作りと史跡巡りをしたいだけの人生だった。

  自分の作るもの・やること(プライベート面で

何だか疲れやすいしだるいと思ったら

  悪い予感がして(こういうのに限って当たるん

PAGE TOP ↑